証券口座の開設
HOMEお気に入りに追加!サイトマップ問い合わせ


証券口座の開設(特定口座)

株式投資を始めるにあたり必要な物と言えば、まずは投資資金が必要となります。初心者の方は、まずは50万円くらいから始めるのが一番良いと思います。くれぐれも、株式投資は余裕資金で行ってくださいね。生活資金でやってしまうと、路頭に迷うことになりますので気をつけましょう。

  次に、株式を購入するには、証券口座を開設しなければなりません。証券口座の開設っていってもそんなに難しいものではありません。銀行に口座を開設するのとたいして変わりません。

  口座の開設の流れとしましては、

  @資料請求して申込書を取り寄せる。
  A申込書に必要事項(説明書がついてますのでその通りに記入すれば大丈夫)を記入する。
  B返信用封筒に申込書及び必要書類(身分証明書類等)をいれ、証券会社に送付。
  C証券会社より、1週間から2週間ほどで口座開設(特定口座)の案内が届く。
  D指定口座に現金を振り込む
  E株式売買ができる
  以上のような流れです。

  では、どこの証券口座を開設すればいいのか?
  私がまずしたことは、とりあえず片っ端から資料請求をしました。資料請求は無料なので、いろいろなところの証券会社から資料を取り寄せ、比較検討してみました。手数料やら操作性などいろいろ見てみて、自分にあった証券会社を選びました。ですので、どこがオススメかといわれると、人それぞれ好みが違うと思いますので、特定は出来ませんが、私が思うに、やはりこれから何年も株式投資を行うことを考えれば、手数料のが比較的安いところが良いのではないかと思います。

  ちなみに、私が口座を開いているのは、Eトレード証券、ライブドア証券、野村証券、大和証券の3つです。
  なぜ4つも開いているのかというと、実際の売買は手数料の安さで、Eトレードで行っていますが、野村証券や大和証券は、ネット上で無料で企業レーポートや日経新聞が読めてしまう特典があるんです。証券会社によっては、このような付加価値の付いたところもありますので、いろいろ資料請求してみて、比較検討されることをオススメします。このほかにも、楽天証券やライブドア証券など、今年、野球界をにぎわした企業が運営する証券会社も注目しています。

  下記に、資料請求する一助となるべく、証券会社の一覧を掲載しておきますのでご利用下さい。





ネット証券一覧(証券名をクリックで徹底解説ページへ)

イートレード証券
手数料の安さと知名度で支持が高い。ネット証券口座数No.1。

今すぐ資料請求はこちらから
マネックス証券
ミニ株、夜間取引など独自のサービス多数。デイトレードは片道無料なども。
今すぐ資料請求はこちらから
ライブドア証券
3ヶ月間取引回数が無制限になる『プレミアムトレードパス』が魅力。

今すぐ資料請求はこちらから
コスモ証券
1日の約定代金合計が50万円まで何回取引しても手数料は525円。
今すぐ資料請求はこちらから
丸三証券
口座開設から2ヶ月間は株式手数料が無料。ネット証券業界最古参。
今すぐ資料請求はこちらから
トレイダーズ証券
外国株や日経先物、オプション取引に特化したネット証券。

今すぐ資料請求はこちらから
松井証券
約定代金10万円以下は手数料無料。デイトレードは片道無料。

今すぐ資料請求はこちらから
オリックス証券
一般(無期限)信用取引は約定代金に関わらず、手数料片道一律300円。
今すぐ資料請求はこちらから
ひまわり証券
外国株や日経先物、オプション取引に特化したネット証券。

今すぐ資料請求はこちらから
内藤証券
業界最低水準の手数料。中国株のパイオニアとして、国内取り扱い高トップクラス。
今すぐ資料請求はこちらから



株式投資で儲ける
HOME
株式投資で儲けること
値上がり益で儲ける
配当で儲ける
株主優待で儲ける
証券口座開設(特定口座)
投資顧問の利用
株式投資日記


コンテンツ
HOME
ネットで儲ける
ホームページで儲ける
ブログで儲ける
在宅バイトで儲ける
ギャンブルで儲ける
株式投資で儲ける
節約で儲ける
ホームページの作成
HPアクセスアップ


サブコンテンツ
懸賞・お得情報
オススメメルマガ
出会い
 ・結婚前提の交際
 ・友達以上恋人未満
激安お買い物情報
 ・楽天市場売れ筋情報


Copyright © 2003 ネットで儲ける大辞典 All Rights Reserved. 
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO